コレステロール値が高いと、病院の血液検査で言われたらどうします?

Sponsored Links

コレステロール値が高いと、病院の血液検査で言われたらどうします?

食事に気をつけるように、と言われて、病院から食事指導を受けて注意する食品のようなものが書いてある小冊子と、壁に貼るような一覧表を渡されました。

そこで「コレステロール」について調べてみました。
コレステロールは細胞膜の成分として、あるいはステロイドホルモン、性ホルモン、胆汁酸、ビタミンDの材料として重要な役割を持っています。
多すぎるのはいけませんが、少なすぎてもいけないのです。
この辺りが難しいところです。

doctor01

一般的にコレステロールは二つに分けて考えられています。
善玉コレステロールと悪玉コレステロールです。

善玉コレステロール。
HDLというリポたんぱくで運ばれたコレステロールを善玉コレステロールといいます。
「HDL」とは「高比重リポたんぱく」のことです。
「HDLコレステロール」は、血液中の余っているコレステロールを回収したもので、肝臓に運ばれ、動脈硬化を防ぎます。

悪玉コレステロール。
LDLというリポたんぱくで運ばれたコレステロールを悪玉コレステロールといいます。
「LDL」とは「低比重リポたんぱく」のことです。

血液中のLDLが増えすぎると、血管壁の傷ついたところなどに付着して、血管を細くし、動脈硬化の原因になります。
つまり、血管が溜まって動脈硬化を進行させやすくしてしまうのです。

具体的な病名ですと、心筋梗塞や脳卒中が起こりやすくなります。
病院で血液検査を受けると、「高脂血症」と言われます。
最近は、「脂質異常症」と言われるようです。

ですから、「総コレステロール値」が高くても低くても、それだけでは判断ができないのです。
「HDLコレステロール」と「LDLコレステロール」で判断することが大切です。

善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低すぎてもいけません。
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高すぎてもいけません。

コレステロールが低すぎても、細胞膜や血管が弱くなり、免疫力が低下するなどということになるので難しいですね。

注意すること。
悪玉コレステロールが増える原因の一つに中性脂肪の上昇があります。
食べ過ぎると、余ったエネルギーは中性脂肪になります。
糖分を摂り過ぎても中性脂肪が増えます。
脂肪分の多い食事は避けましょう。
お酒はほどほどにしましょう。
運動不足に気を付けましょう。

meal01

食事の仕方。
野菜などの繊維質の多いものを先に食べるようにしましょう。
よく噛んで食べましょう。
ゆっくりと食べましょう。

野菜などの食物繊維は、中性脂肪やコレステロールを吸着し排出する作用があります。
食物繊維を多く含んでいる野菜を積極的に食べましょう。

善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす食事というのはないので、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす努力をしましょう。

運動や体の動きも大切ですから、そちらも忘れないで下さいね。


骨盤スピードダイエット~北原メソッド~ 

こんなダイエット方法もあります。
いろいろやってみて下さいね。

 

次のページに続きます。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ