有酸素運動と「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」の増加。

Sponsored Links

有酸素運動と「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」の増加。

有酸素運動を行うことで「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」が増加します
有酸素運動を行うことで中性脂肪を減少させることができます。
有酸素運動を行うことで肥満の改善につながります。

運動習慣は無理さえしなければ心臓疾患による死亡を低下させることができます。
適度に行われる「運動習慣」はコレステロール値だけでなく、ストレスの解消などにも役立ちますので、心身にとって良いことなのです。

sports01

有酸素運動の代表的なものに「ウォーキング」があります。
つまり、歩くだけです。
これなら、その気になれば誰にでもできますね。

エレベーターやエスカレーターを使わずに、できるだけ階段を使いましょう。
近い距離はできるだけ歩きましょう。
歩くこと、階段を使うことを習慣化して、自然に日常生活の中に取り入れてしまいましょう。
習慣化シてしまえば、面倒だとか苦痛だとかいうことはなくなります。

もちろん「ジョギング」もいいですね。
ジョギングができる方はそうしましょう。

マラソンならもっといいでしょうね。
でも、マラソンを趣味にするのは時間も必要ですし、なかなか難しいでしょうね。

水泳はどうなんでしょうね?
かるく泳げば有酸素運動です。
でも、一生懸命、必死になって泳ぎ、息が切れるようだと無酸素運動のようです。
筋肉も付くので筋肉運動?
水泳をやると体が引き締まるのは間違いないでしょうね。

今、現実にコレステロールや血圧が高い方は急激な運動は身体に無理があるかもしれませんので気をつけましょう。

やっぱり歩くのが一番気軽にできそうですね。
無理はせずに、まずは簡単に始められて長続きしそうなものを選んで下さい。

あっ、そうそう。
主婦の方でしたら、掃除を運動につなげることもできます。
以前、テレビで「掃除好きのタレントさん」を見たことがあります。

そのタレントさんは、掃除そのものを運動とつなげていました。
掃除をするときに、無理をしない程度に、手足をグイット伸びるような体制にしてストレッチのようなことをやっていました。

lady22

普段は動かしづらいような重いものも、腰を痛めないように正しい姿勢で移動させて、できるだけ毎日掃除をするということでした。
毎日掃除する必要のないところも時間を見つけては掃除しているようでした。
その気になるといろいろな方法で運動ができるのですね。

タバコも止めましょう。
最近はタバコは害だということがはっきりしたので吸う人は減っています。
まだ、吸っている方はすぐに止めましょう。
タバコは体内に活性酸素を発生させるので「LDLコレステロール」の酸化が早まりますので、さらに悪い結果を招きます。

でも、これ(タバコの害)には全く別の意見もあります。
『早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい』!?
Google検索「アマゾン 早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいいい」

どうなのでしょう?

次のページに続きます。

前のページに戻ります。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ