健康を考えて飲む青汁は野菜の代わりになるの?

Sponsored Links

健康を考えて飲む青汁は野菜の代わりになるの?

外食をすると、つい、肉や揚げ物ばかり食べてしまっています。
たまには野菜サラダを注文するんですけれど。
レストランの野菜サラダって、野菜の量が少ないんですよね。

それに、ドレッシングにお気に入りのものがなかったりすると、どうしても注文する機会が減ってしまいます。
外食で野菜をたくさん食べるのって、なかなか難しいですね。

dish01

そうなると、やっぱり「青汁」を飲むことで野菜不足を補うのが一番いいのではないでしょうか。

でも、「青汁」って多くのメーカーが、いろいろな種類のものを出していて選ぶのも大変です。
少し調べたのですが、「大麦若葉」系列と、「ケール」系に別れているようです。

ケールはスーパー野菜と言われ、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素をバランス良く含んでいます。

大麦若葉は豊富な食物繊維を含んでいる他、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンC、葉酸、カルシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、カテキン、クロロフィル、SOD酵素などの豊富な栄養素を含んでいます。

nature01

また、健康のために飲むのですから、「土壌汚染」「空気汚染」「水質汚染」「その他の様々な汚染」の心配のないものこだわってみたいと思います。
なにしろ、毎日飲むものですから、原料の品質はとても大事な問題だと考えています。

原料の産地ですが、中国など「土壌汚染」国・地方は避けたいと思います。

さて、メーカーはどうしましょうか?
ある程度の歴史があって信頼できそうなメーカーにしようと思います。

●「キューサイの青汁」
「うーん、まずい、おかわり」のコマーシャルで知られています。
このコマーシャル、懐かしいですね。

これだけ長い間、青汁を売り続けている会社なら信頼できそうな気がします。
ネットで調べても評判が良いようですし、特別な苦情や問題も出ていないようです。

でも、味が不味いと、やっぱり長続きしづらいですよね。
どうせなら、美味しい青汁の方が長く飲み続けることができると思います。

そこで、「はちみつ青汁」。
はちみつ入りなら飲みやすそうです。

原料はケールです。
ケールは、自社の育苗センターで、農薬を一切使わずタネからの苗づくりです。
育苗センターは九州の福岡県宗像市にあります。

秋から春にかけては「キューサイファーム島根」および島根や九州の契約農家でケールを栽培します。
初夏から秋にかけては「キューサイファーム千歳」および北海道の契約農家で栽培されたケールを使用します
農薬は使っていません。

冷凍青汁は「キューサイファーム」での製造です。
ケールから粉末青汁への加工は「福岡県宗像市神湊にある自社工場(こうのみなと工場)」です。
「キューサイファーム」「キューサイ」「こうのみなと工場」は、それぞれ「ISO9001:2008」や健康補助食品GMP適合工場の認定を受けているので安心です。

「残留農薬」「放射性物質」の測定は「キューサイ分析研究所」が行っています。

使っている「はちみつ」は、山田養蜂場さんの国産はちみつです。
「山田養蜂場さんの国産はちみつ」は、テレビコマーシャルなどを行っているので私も耳にしたことがあります。
山田養蜂場さんは岡山県鏡野町にあります。

これなら安心して飲み続けることができそうです。

もし、貴方がダイエットを考えていて、そのような体操や体の動きを使ってダイエットをしたい、と考えているのでしたら、

骨盤スピードダイエットを読んでみて下さい。
貴方に合うといいですね。

 

 

次のページに続きます。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ