健康のために飲む青汁はどこのメーカーを選びます?

Sponsored Links

健康のために飲む青汁はどこのメーカーを選びます?

●「えがおの青汁(株式会社 えがお)」
主に「大麦若葉」を使っています。
「大麦若葉」の産地は熊本県北東部です。
その他にも、「沖縄県産のボタンボウフウ粉」・別名「長命草」、高知県産発酵黒生姜、アガベ・イヌリン、ケール、桑葉、レッドクローバー、植物性乳酸菌、貝カルシウムも使っています。
「ISO9001」認定工場です。

ホームページから。
元気な高齢者が多い沖縄県与那国島の食卓に並ぶ「長命草」は、1株食べれば1日長生きするという言い伝えがあるほど、体本来の元気を保とうとする力を支えます。

ホームページに、生産者の声(入田光輝さん)として、「刈り取ったばかりの大麦若葉をかじると甘いんです。それだけ味がしっかりしているから良い青汁ができる。阿蘇の自然そのままの味ですよ。」というのがありますから、青汁の味も何となく想像できますね。

drink01

●「緑効青汁(アサヒ緑健)」
主に「大麦若葉」を使っています。
「大麦若葉」の産地は熊本県阿蘇です。
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖も入っています。
一次加工工場は収穫地のすぐ近くの熊本工場です。
二次加工工場は九州佐賀県 鳥栖工場です。

ホームページから。
主原料となる有機大麦若葉(不溶性の食物繊維)に水溶性の食物繊維を加え、更に、乳酸菌、オリゴ糖をプラス。このこだわりの配合が特許「ゴールデンバランス」なのです。

●「青汁粉末(ファンケル)」
主に「ケール」を使っています。
愛媛・長野・鹿児島の契約農家が丁寧に栽培しています。
契約農家では「中嶋農法」を実施しています。
化学農薬は不使用です。
着色料・食塩・保存料・香料無添加です。
「健康補助食品GMP」の認証取得工場での製造です。
「冷凍青汁」の工場は愛媛県です。
「ケールまるごと搾り(粉末)」の工場は東京都にあります。

ホームページから。
青汁の栄養を大きく左右するのは原料のケール。栄養を最大限に引き出すために健康な土壌で栽培するミネラル農法を採用しています。ミネラル農法で育てたケールは苦味が少なく甘みがアップ。さらにファンケルマイルドテイスト製法で飲みやすさを実現。

●「養生青汁(やずや)」
よく知られている会社の青汁ですが、今回は私の好みで外すことにしました。

他にも幾つか調べてみたのですが、それぞれが良い青汁なので甲乙つけがたいですね。

以前、短い期間ですが青汁を飲んだことがあります。
そのときの青汁はあまりいい味ではありませんでした。
今はいろいろと工夫して飲みやすい味に仕上げているようです。

それから少し気が付いたのことがあります。
最近の青汁は総合ビタミン剤のようにもなっているようです。

また、好みや季節に合わせて、いろいろな飲み方を工夫したレシピ集も出ています。
飲み物としてだけでなく料理に入れて食べる工夫もされています。

ラーメン、うどん、サラダ、グラタン、茶碗蒸し、ハンバーグなど、楽しい食べ方もあります。

kitchen02

私は、●「キューサイの青汁」、●「えがおの青汁(えがお)」、●「緑効青汁(アサヒ緑健)」の三つの中から選んでみようと思います。

あなたは、どこの青汁を選びますか?

 

もし、貴方がダイエットでお悩みなら。

運動や体操のような、体の動きでダイエットをする方法もあります。


骨盤スピードダイエット~北原メソッド~ 

貴方に合う方法だといいですね。

 

前のページに戻ります。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ