福島第1原発に絡む除染事業贈収賄事件。

Sponsored Links

福島第1原発に絡む除染事業贈収賄事件が発覚したそうです。
逮捕されたのは、環境省の専門官、福島環境再生事務所の「鈴木雄二容疑者(56)です。
鈴木雄二容疑者は、贈賄側の業者から繰り返し接待を受けていた疑いがあるということです。
この人は環境省職員らしいです。

 

 

除染マネーに群がった業者と福島環境再生事務所の癒着ですね。
事件を担当しているのは、警視庁捜査2課や福島県警だそうです。

除染作業では、放射性物質が付着している草木や土壌の除去・洗い流しをしているそうです。
放射性物質汚染対処特別措置法では、原発周辺にある福島県の11市町村は国が管理し、その他の地域は各自治体が担当しているそうです。

 

 

今回の不正は福島県の浪江町の除染事業です。
しかし、不幸にあった人に関する事業で繰り返し接待を受けて地元の人たちを食い物にするなんてひどいですね。

何でも、鈴木雄二容疑者は飲食や旅行の接待を何度も受けていたそうです。
飲食や旅行の接待を受け、その見返りに便宜を図るなんてとんでもないことです。

福島県民だけでなく、国民を裏切っているのですからね。
警視庁捜査2課や福島県警の人たちには、ぜひ頑張ってもらい、事件の解明を行って貰いたいものです。
この先、二度とこのような事件が起こらないようにしてほしいですね。

しかし、人間というのは罪深いですね。
所詮、人の不幸は蜜の味なのでしょうか?
このような事件を耳にする度に人を信じられなくなるような気がします。

私はどうなのでしょうか?
所詮、他人事と思っていないのか?
もう一度、考えて見る必要がありますね。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ