米国自動車番付2017年でレクサスが4位

Sponsored Links

米国の消費者団体専門誌「コンシューマー・リポート」2017年の公表結果です。
米国の自動車番付2017年で日本メーカーの4ブランドがトップ10に入りました。

トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」が4位で、日本メーカーのトップでした。
他に日本メーカーでは5位にスバル、7位にマツダ、9位にホンダでした。
ちなみにトヨタは11位でした。

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス

1位は2年連続でアウディ
2位はポルシェ
3位はBMWでした。

ドイツ車がトップ3を独占しました。
ドイツ車って、フォルクスワーゲンを始めとして、日本でもかなり売れているようですが、アメリカでも人気があるのですね。
車に信頼性があるのか、販売網がしっかりしているのか?
その両方なのか?

過去? ビック3と呼ばれた米国の大手自動車メーカーはゼネラルモータースのビュイックが10位に入っただけでした。
他の米国ブランドはフォード・モーターのリンカーンが15位。
フォードが21位。
クライスラーは19位でした。

日本のお隣さんの韓国自動車メーカーでは、6位の起亜が最高・唯一のベストテン入りでした。

Sponsored Links

トランプ大統領がすべての米国産を推奨していますが、米国本国でも車がこのような売れ行きでは困ったものです。
トランプ大統領も米国自動車メーカーもよく考える必要があるのでしょうね。

そう言えば、米国自動車メーカーのテスラが8位に入っています。
テスラっで電気自動車のメーカーですよね。
この結果は何を意味するのでしょうか?

米国の製造業は復活できるのでしょうか?

この発表を見て思うのですが、米国での日本車の販売方法がわかりません。
レクサスは分かるのですが、5位にスバル、7位にマツダ、9位にホンダ、トヨタは11位って何なのでしょうね。
車種がわかりません。

たぶん、メーカーごとの販売台数で、レクサスはレクサスというブランドで独立しているのでしょうか?
米国の集計方法はよくわかりません。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ