エイプリルフール・四月馬鹿の習慣

Sponsored Links

 
 
エイプリルフールとは、毎年4月1日には嘘をついても良いという風習のことです。
ほぼ世界中で行われている風習のようです。

日本語では「四月馬鹿」とも言われています。
英語では、April Fool です。
中国語では「愚人節」だそうです。

いくら嘘をついていい日と言っても人を騙して害を与えるような嘘をついてはいけないでしょうね。
他愛もない嘘で人をからかったり、害のない嘘にしないといけませんよね。

エイプリルフールの始まりをネットでいろいろと調べました。
いろいろな説があるようです。

でも、フランスのシャルル9世説というのが一番強そうです。

昔、ヨーロッパでの新年は3月25日だったそうです。
そこから4月1日までは春の祭りをしていました。
ところが、シャルル9世が1564年に1月1日を新年にしてしまいました。

それに反発した国民が4月1日を”嘘の新年”として大騒ぎを始めました。
それに怒ったシャルル9世がお祝いをしていた国民たちを逮捕・処刑をしました。

そのことを忘れないため、フランス王に抗議するために4月1日を祝うようになりました。
そのうちに、その日がエイプリルフールとして世界中に広まっていきました。

これがエイプリルフールの起源という説です。
他にもいろいろとあるようですが、それほど真剣に探して考えるようなことではないようです。

日本に広まったのは、江戸時代とか大正時代とか言われています。
嘘をついてもいいのは4月1日の午前中に限る、という説もあるようです。

まあ、騙されたら、ニコニコと笑って許してやるのが一般的です。

最近は企業でもやり始めているようです。

企業のエイプリルフールを調べるといろいろと出てきます
最近はツイッターが便利なので、ツイッターを使うことが増えているようです。

例えば、キリンビールでは、「太陽系の一番搾り」。
ケンコーマヨネーズでは、7色に出る!いろいろな味が楽しめる!レインボーマヨネーズ新発売!!。

もっと調べると、企業のと楽しいエイプリルフールでの嘘が見つかると思います。
でも、上の企業のツイッターでの嘘というのは、本当にこの企業が書いたのでしょうか?
ちょっと怪しい?
アッ、ハッ、ハッ、これがエイプリルフールのいいところ。

貴方もエイプリルフールに害のない嘘をついたり、嘘をつかれたりしたことがあるでしょうか?

私は子供のころに、何度も害のない嘘をついたり、嘘をつかれたりしたことがあります。
けっこう楽しい思い出です。
一年に一度くらいは楽しい嘘をつくのも良いものです。

貴方もエイプリルフールを楽しく過ごして下さいね。
 
 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ