ジューンブライド

Sponsored Links

 
 
「ジューンブライド」とは、直訳すると「6月の花嫁」ですね。
欧米での古くからの言い伝えです。
6月に結婚すると、一生幸せな結婚生活ができると言われています。

「言い伝え」とは言え、一生幸せな結婚生活をすることができる、と言うのは魅力的です。
まあ、欧米での古くからの言い伝えですけどね。

でも、全ては自分の都合の良いように解釈するというのは、とても良いこと、もしかすると大切なことかもしれません。
疑心暗鬼で物事を悪くとるより、よほど良いことだと思います。

誰でも幸せになりたいですからね。

以前、日本では昔の6月の結婚式場は、けっこう暇だったそうです。
何しろ、日本の6月と言えば、梅雨時ですからね。
ジメジメして、雨の多い梅雨時の結婚式は嫌われます。

でも、ヨーロッパでは6月はいろいろと都合が良いらしいのです。
けっこうお天気も良いらしいですよ。

昔、ヨーロッパでは、農作業の関係から、3月、4月、5月は結婚が禁止されていたんだそうです。
結婚をしたいカップルは、嫌でも6月まで待たされていたのです。
そのため、6月の結婚式というのが多かったのでしょうね。

 



 

また、ギリシャ神話の中で有名な「ゼウス」。
ゼウスは、神々と人間の父と考えられていました。
その正妻が「ヘラ」です。

そのお話の「ヘラ」が、ローマ神話では「ユーノー」です。
「ジューンブライド」(Juno bride)
「6月」(June)は、ユーノー(Juno)から来ている言葉だそうです。

つまり、「ユーノーの女神にあやかって」、「ジューンブライド」と言う言葉が来ている、という説もあります。

あーっ疲れた。
何か、無理やり、こじつけた話しのようで、理解するのが大変ですね。

日本人だと、ギリシャ神話やローマ神話のことを理解するって大変ですよね。

あと一つの説があります。
それは、日本では「結婚式を行う業界」が仕掛けた、と言うものです。

日本では、6月は梅雨時で、ジメジメして、雨の多い季節です。
当然、結婚式場も暇です。
そこで、「結婚式を行う業界」が仕掛けた、と言うものです。

日本の若者、特に若い女性が、その策略に見事に乗ったというものです。
でも、それで幸せな気持ちになれるのならいいですよね。
結婚という、二人のスタートをニコニコ顔で始めることができるのですから。

6月の花嫁さんが、皆、幸せになりますように!
 
 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ