敬老の日と老人の日

Sponsored Links

 
 
敬老の日と老人の日

敬老の日は毎年9月の第3月曜日です。
昔は、毎年9月の15日だったんですけど2003年から変わったんですね。

敬老の日と言うのは、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことなんだそうです。
昭和22年に兵庫県多可郡野間谷村で行われた敬老行事がきっかけとなり、全国的に広まって行ったそうです。

まあ、そんなに堅苦しいことを言わなくても、普通の家族なら自分のお爺ちゃん、お婆ちゃんは大切にしていますよね。
自分たちが子供の頃、さんざん可愛がってもらったし、面倒を見てもらった思い出がありますからね。

遊んでもらったり、お小遣いをもらったり、懐かしい思い出がたくさんあります。
自然に大切にしますし、結婚すれば、生活・生きていくことの大変さも身にしみてわかりますので、年寄りだからってバカにするようなことはありません。

自分の家族だけでなく、隣近所のお年寄りにも子供の頃の思い出があります。

アマゾン「敬老の日プレゼント」サイトです。

ところで「老人の日・老人週間」というのがあるんですね。
知ってました?

私は知りませんでした。
内閣府等が中心となってキャンペーンなどを行っているそうです。
きっと、普及を目指しているのでしょうね。

老人の日が9月15日で、老人週間が9月15日~21日だそうです。

「敬老の日」と何が違うのでしょうね。

「老人の日」というのは、「広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促す」ことなんだそうです。

「敬老の日」は、国民の祝日に関する法律です。
「老人の日」は、老人福祉法だそうです。

「老人の日・老人週間」キャンペーンと言うの全国的に展開されているそうなんです。
県毎にも展開されているそうなんです。

例えば、「社会 奉仕の日」「いきいき創作展」「老人ホーム入園者創作品展」「老人クラブ芸能大会」とかです。
「ねんりんピック長崎2016」なんていうのもあったんです。

「内閣府」では、標語が決まっています。
「みんなで築こう 安心と活力ある健康長寿社会」だそうです。

まあ、真面目に一生懸命働いた人が歳を重ね老人になったとき、報われる社会というのは良いものだと思います。
そいう意味で、年寄りを労り、大切にする、ということができる社会を目指していくのは、とても大切なことだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ