衣替えとおしゃれ

Sponsored Links

 
 
衣替え

衣替えの時期になるとけっこう大変ですよね。
着るものを変えるだけでなく、衣服の収納場所を変えるのが面倒なんです。
特に寒い時期に向かっての衣替えは大変です。
着るものが厚くなって嵩張りますからね。

春から夏に向かっての衣替えはけっこう楽しかったりします。
いえ、しました。かな?

薄着になるって、けっこう楽しく感じる時期(年代)があるんですよね。
自分のお肌や体型に、少しですが自信がある年代の頃は、けっこうワクワクすることもありました。
今は、ちょっと? ですね。

衣替えって、学生さんや企業の制服を変更することをいうようなもので、主に6月1日と10月1日に行われます。
でも、移行期間のようなものがあるので、それだけは助かります。

その日から一斉に夏服・冬服を変更する、なんてことになったら大変ですよね。
のんびり、適当、ほどほどで助かります。

楽天市場 衣替えサイトはコチラです。

衣替えという習慣は平安時代から始まったそうです。

ところで、衣替えって、一般的に今でもやっているのでしょうか?
うちでは何となく習慣でやっていますけど・・・

やってますよね?
やっていません?

お子さんがいらっしゃるご家庭はやっていることが多いでしょうね。

独身の一人暮らしだとあまりやらないのかもしれません。
でも、おしゃれを楽しむ人は、自然に、何となく「衣替え?」みたいなことをやっていますよね。
季節を先取りしておしゃれを楽しんでいます。

衣替えって、自分の持ち物・着るものを大切にする、という行為につながるんです。
ふだん着ないものや身につけないものを見直すことができるのです。

それらを整理したり、クリーニングに出したりします。
「おしゃれ着洗い」用の洗剤を使って自分で洗濯したりすると、何だか嬉しくなったりします。

あっ、こんなのがあったんだ、とか。
買ったことをすっかり忘れていたものなどを再発見することもありました。
ふだん、着たり、身につけたりしないと、買ったことをすっかり忘れてしまうんですね。

衣替えのついでに「虫干し」をすることもあります。
私の虫干しは、しばらく着なかったものや身につけなかったものを、何となく日光と風に当てるだけです。
でも、それだけで何か気持ちがスッキリします。
本来の虫干しの意味や時期とは少し違っているのでしょうが、私の気持ちの問題なのです。

あなたも、ご自分の持ち物を整理すると言う意味で、一度、衣替えをしてみませんか?
けっこう楽しかったりしますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ