春眠暁を覚えず

Sponsored Links

 
 

春眠暁を覚えず、ということわざがあります。
あなたも聞いたことがあると思います。

春の夜は心地よいので、朝になったことにも気づかず眠り込んでしまうということ、だそうです。

春はポカポカとしていて、のんびり、ふんわり、柔らか、まろやか、としています。
これが私の春のイメージのような気がします。

でも、私は春になると早起きになってしまうのです。
春になるとのんびりと寝ていることができません。

自然に目が覚めて、そのまま寝ていることができずに起きてしまいます。
朝早く起きても、やることは普段と同じです。
早起きしたって何も変わらないんですけどね。

 



 

早起きの理由は、室内の温度にあると思います。
冬は目覚めても、寒くて布団から出ることができません。
しばらく布団の中で、もぞもぞしているのです。

それから意を決して布団から出て、石油ファンヒーターの前に行きます。
そして、石油ファンヒーターのスイッチを入れることが多いのです。

特に寒い朝は、石油ファンヒーターのスイッチを入れずに、秒速点火スイッチだけを入れて、また布団に潜り込んでしまうこともあります。
秒速点火スイッチを入れておくと、後で石油ファンヒーターを点火する時に、点火スイッチを入れてから1秒か2秒待つだけで点火するのです。

秒速点火スイッチは、消費電力が100Wなので、電気代を考えると普段から入れておくことができません。
別に生活するのに困っているわけではないのですが、そういう性分なのです。

石油ファンヒーターは、(株)コロナの製品です。
この石油ファンヒーターを購入するときも待機電力を考えてから購入しました。
私はかなりセコいかもしれません。

早く暖かい家に住みたいです。
でも、日本の住宅はみんな同じようなものなのでしょうか?

そんなことはありませんよね。
作る時に何を一番大切にするか、だと思います。

まずは地震に強いこと、次に温度のバリアフリーです。
この2つは譲りたくありません。

でも、日本は年中地震で揺れています。
これだけ揺れると、家もすぐにきしんでしまい、隙間だらけになりそうな気がします。

高気密高断熱と言っても、それは最初だけなのかなー。
友人が大きなハウスメーカーで家を建てたけど、高気密高断熱とか、遮音とかは、2年か3年でけっこう変わってきたようなことを聞きました。

あっ、話がそれてしまいました。
春は眠い、という話でしたね。

私は春は眠くありません。
元気いっぱいです。

これから夏に向かって、ますます元気になると思います。
寒い冬は嫌いです。
どんどん暑くなって欲しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ