都民ファースト

Sponsored Links

 
 
都民ファーストとは、東京都知事に就任した小池百合子氏の言葉です。
アメリカの現大統領トランプ氏のアメリカファーストを意識した言葉でしょうね。

でも、このアメリカファーストという考え方は、だいぶ前の話ですが、 1992年大統領選挙の予備選挙で共和党右派のパトリック・ブキャナン氏が主張しています。
そのときは、相当の支持をうけたようです。
アメリカ社会の経済建て直しを最優先し、国際的問題への関与を可能な限り控えようという考え方ですね。

アメリカの現大統領トランプ氏は、いろいろなことを言われています。
そのなかに、トランプ氏は、「差別主義者である」というのもあります。

アメリカさえ良ければ、他国はどうなってもいい、というのは困るわけです。

小池百合子氏はどうなのでしょうか?
小池百合子さん、大丈夫ですよね。
東京都さえ良ければ他の県はどうなってもいい、ということはないですよね。

アメリカ大統領トランプ氏は、ずいぶん独断的だということがいわれています。
日本の東京都知事小池百合子氏はそのようなことのないようにお願いしたいですね。

ですから、「都民ファースト」が、「レディファースト」的な意味合いだと良いですね。
東京都知事ですから、都民優先程度なら良いですよね。
他県を蔑ろにしないようにしてほしいです。

利権より都民優先、官僚より都民優先、議員より都民優先ということなら良いんですけど。
まあ、小池さんなら大丈夫、と思いたいです。

でも、人間は高いと言われる地位に立ったり、偉いと言われたりするうちに、態度が変わる人が多いですから少し心配です。
胸を張って歩いているうちに、ひっくり返らないようにしてもらいたいものです。

「都民ファーストの会」というのもあります。
小池百合子東京都知事が率いる政治塾のことですね。
これって、東京都議会において活動する地域政党ですよね。
「小池新党」とも呼ばれています。
「都議会のドン」と呼ばれていた内田氏との対決でもけっこう知られました。

詳しく見ていくと、意外に難しいところがあります。
いい加減なことを書くわけにはいきませんからね。

小池百合子氏と言えば、築地市場移転問題もあります。
東京都中央卸売市場の築地市場から豊洲市場への移転問題です。
豊洲市場における土壌汚染対策等に関する問題はどうなるのでしょうね。

都議会では、移転が遅れているのは悪いことで、移転が遅れた責任は小池百合子氏にある、というようなことを言い始めています。
屁理屈ですよね。
呆れたものです。

まあ、安心して魚や海のものを食べられなくなっては困るので、その辺は小池百合子氏に頑張ってもらいたいと思います。
 
厳選食材宅配 らでぃっしゅぼーや

 
今日は難しいことを書きすぎてしまいました。
自分で何を言いたいのか、何を書きたいのかわからなくなってしまいました。

今日はこの辺で終わりにしたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ