マタニティーブルーと産後うつ

Sponsored Links

 
 
「マタニティーブルー」と「産後うつ」とは、何が違うのでしょうか?
マタニティーブルーは、分娩した直後から始まり一週間から10日前後で収まるようです。

主に3日から5日間が一番激しい、一過性の急激な感情の動きのことを言うようです。
子供を産んだ女性の半分以上の人が経験するものです。
軽く言えば、出産後に、間もなくしてなる、情緒不安定のこと、とも言えます。

出産後のホルモンバランスの変化によるものと言われています。
それに、出産は女性にとって当たり前のことかもしれませんが、やはり一大事です。
母子ともに生命の危険がありますからね。

その他にマタニティーブルーになる要因は、出産の疲れ、慣れない育児による疲れ、睡眠不足、育児のプレッシャー、孤独感などが大きな要因です。

マタニティーブルーがそのまま「産後うつ」に移行するときもあります。
「産後うつ」の発症の多くは、出産後2週間あたりから始まります。

「産後うつ」は放っておくと危険です。
「産後うつ」は、「マタニティーブルー」と違って病気です。
うつ病ですから、専門家に診てもらうのが一番です。

「産後うつ」は、育児へのプレッシャーや不安などが原因となって発症します。
育児に関することを一人で抱え込まないようにしましょう。

出産後は体も大変なんですよ。
あんな大きな赤ちゃんが体の中から突然いなくなったのです。

体も大変な変化が起きているのです。
子宮だって小さくなるんですよ。

あんなに大きくなっていた子宮が元通りになるのですから大変なことなのです。
赤ちゃんが生まれて、「ハイ、お終い」ではないのです。

「産後うつ」には家族の協力が必要です。
特に夫の協力が不可欠になります。
責任感の強すぎるママさんは要注意ですよ。

理由もないのにイライラする。
夫を見ているとイライラする。
考えがまとまらない。
赤ちゃんは可愛いが世話をする気になれない。
何でも自分が悪いと考えてしまう。
食欲がわかない。
等の症状が感じられたら要注意です。

「産後うつ」にならないための一番の対策は大きく構えることです。
赤ちゃんのことを自分で全てやらずに、家族や夫を信じて、任せることは任せる、です。

あなた一人で子供を作ったわけではありません。
お相手がいるのです。
あなたの夫や家族がいるのです。
まずは信じましょう。

でも、いない人はどうしましょう。
事情があってお相手がいない、又はあてにならない。
ご家族が遠くにいて協力を期待できない。
訳あってシングルマザーでの出産。

大丈夫ですよ。
日本はシングルマザーでも何とかなります。

何か、話が違う方向にそれてしまいました。
今日はこの辺で終わりにします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ