軽いすり傷に消毒はいらない。

Sponsored Links

 
 
最近は、すり傷に消毒はいらないんですね。
昨日、ネットでアニメを見ていました。
その中で、主人公が怪我をしたのですが、水洗いをして大きな絆創膏を貼る場面がありました。

その時のセリフです。
主人公:「消毒しないの?」
手当をする人:「最近は消毒はしないんだよ」

私は驚いてすぐに調べました。
すると、最近の応急処置は、すり傷は傷を乾かさず、自己治癒力で治す「湿潤療法」が普及し始めているそうです。
モイストヒーリングと言うんだそうです。

消毒して乾かしてカサブタを作って治すのが、ドライヒーリングと言うそうです。
最近は、モイストヒーリングの方が良いと言われているんですね。

時代は変わっていました。
医療もずいぶんと進歩したのですね。

でも、これはあくまでも軽いキズ・応急処置でのお話です。
大きな怪我や見た目に医師の診断が必要だと思われるような場合はちゃんと病院に行って下さいね。

軽い擦り傷程度でしたら、今までの方法よりも早くキレイに治ると言われています。
今までの方法とは、消毒液を塗り、ガーゼを当てて傷口を乾燥させるという、従来の治療方法です。

人の体液というのは傷をキレイに早く治す力があるんです。
体液の力を活かすためには、乾かしてカサブタを作ってはいけないんですね。

消毒液は悪い菌を攻撃するけれど、また、傷を良くする細胞まで攻撃してしまいます。
なので、消毒液を使うことは逆に傷の治りを妨げることもあるんですね。

怪我をしたときに、傷口から出てくる、あのジュクジュクした体液が傷口を修復するのだそうです。

今では、すり傷や切り傷では、止血効果のある被覆材で止血してから、しみ出てくる体液を吸収して、傷を乾かさないような被覆材を貼ります。
被覆材はいろいろな種類があります。
貼ったままでシャワーや入浴もできるもの、濡れてもしみて痛むことも少ないものなど。

指などに使用する小さな被覆材は普通の薬局で購入ができますし、傷口に貼る専用の商品も市販されています。
大きな絆創膏のようなものです。

この方法は、最近、お医者さんたちの間で推奨されているそうです。
「切り傷」や「すり傷」などの治療法はこの10年で大きく進歩したと言われています。

病院ではいろいろな外傷による創傷や手術の傷などの治療を行います。
最近は、従来行われてきた消毒薬とガーゼを用いた治療法から、少し変化が起こっているのです。
今は、洗浄・被覆材による治療法に変わってきています。

しかし、もしかすると、このことを知らないお医者様・病院もあるかも知れません。
その場合は、お医者様の判断に従って治療を受けて下さいね。

特に、噛み傷、刺し傷、裂傷、重そうな火傷などは、バイ菌・化膿の心配があります。
必ず医師の手当を受けて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ