日本シリーズ誤審?で巨人が楽天に敗れる

Sponsored Links

日本シリーズ誤審?で巨人が楽天に敗れる

プロ野球の日本シリーズをテレビで見ていました。
読売ジャイアンツと楽天イーグルスの第二戦。
1-0で迎えた7回裏楽天の攻撃。
1アウト1、3塁でした。
バッターは藤田選手。
大きなバウンドの内野ゴロを打ち、一塁に滑り込みます。

ヘッドスライディングです。

セカンドの寺内選手が取り、一塁手のロペス選手に送球しました。
間一髪、アウトに、と思ったら・・・

セーフでした。

驚くロペス選手と寺内選手。
ベンチから原監督が出てきました。
かなり怒っています。
森一塁塁審に詰め寄り抗議します。

しかし、判定は覆りませんでした。

私もテレビを見ていて驚きました。
テレビではリプレイをスローで流しています。
ロペス選手のグローブにボールが収まっている時点で、一塁に滑り込んだ藤田選手の手は一塁ベースに届いていません。

最近は、ビデオがあるのでハッキリと分かります。
審判も大変ですね。
「審判員の判断に基づく裁定は最終のものである」

何かある度に、いちいちプレーを止めてビデオを見て判断していたのではゲームになりませんから、仕方がないのでしょうね。

でも、こんな判定があると、せっかくの好試合が台無しです。
グズグズ言う方も、言われる方も、不愉快だと思います。
とりあえず、ゲームを進めるためには「審判の判断は絶対」です。
でも、そのためには、審判も腕を磨かなければなりません。
選手同様、審判も一生懸命技術を磨いてもらいたいものです。

下のサイトは巨人ファンのためです。

アマゾンのプロ野球巨人に関するサイトです。

興味のある方はご覧下さい。

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ