3Dラテアート 山本員揮(やまもと かずき)さんが「ミヤネ屋」で達人技を披露。

Sponsored Links

3Dラテアート 山本員揮(やまもと かずき)さんが「ミヤネ屋」で達人技を披露。
「ミヤネ屋」というテレビ番組で「3Dラテアート」というのを見ました。
山本員揮(やまもと かずき)さんという人の「3Dラテアート」です。
「ラテアート」というのは、バリスタの方が、エスプレッソを基本とする飲み物の上で作るデザインのことです。
「3D」ですから立体になります。

3drate1

バリスタとは、お客様からの注文を受けて、エスプレッソなどのコーヒーを淹れるお仕事をされている方のことです。
語源は、イタリア語でバーテンダーやバールの経営者のことをいうそうです。
単純にお客様に美味しいコーヒーを淹れるだけのお仕事ではないようです。
日本では、また少し意味合いが違ってくるのでしょうか。
番組で、作るところを映していましたが、スプーンと、細い金属の棒のような道具を使って作っていました。
ミヤネ屋さんが言うには、アートもラテも独学で覚えたということです。
こういうのって、絵心がないとできないと思います。
スケッチブックのデザイン画も紹介されていましたが、とても上手な立体画像のデザイン画でした。
やっぱり絵もお上手なんですね。
番組の中で紹介されていたのは、二つのコーヒーカップをまたいで作られた「金魚を狙う可愛い猫ちゃん」です。
片方のコーヒーカップに金魚が二匹泳いでいます。それを、となりのコーヒーカップから狙う、可愛い猫ちゃん。
もちろん、猫ちゃんは「3D」立体です。
まさに、達人技です。
もったいなくて、飲めません。
しばらくの間は、見て楽しんでいたくなってしまうようなデザインです。
ちなみに、ウエンツ 瑛士(ウエンツ えいじ)さんの「似顔絵ラテアート」も作っていました。
本物そっくりでした。
この「3Dラテアート」は、食後にカプチーノを頼むと作ってもらえるそうです。
ただ、あまり混雑している時は難しいそうです。
デザインのリクエストもできるそうです。

i043081a3

Amebaに「暇を飲むところ」 「CAFE10g」、というブログがあります。
自己紹介欄に、STAFF紹介 じょーじ(@george_10g) 山本員揮(KazukiYamamoto)..と、書いてあります。
きっと、このブログが、3Dラテアート 山本員揮さんのブログだと思います。
ttp://ameblo.jp/cafe-10g/

こちらのサイトでは、3Dラテアートの写真がたくさん掲載されています。
http://japan.digitaldj-network.com/articles/13422.html
「暇を飲むところ」のブログに書いてありましたが、今、出版社と本を製作しているそうです。
超多忙だそうです。
また、ラテアートで有名になってもモテない、とも書いてあります (^^;
お近くの方は行かれてみてはどうでしょうか。
ラテ・アートには、世界的な大会があるのですね。
2008年にシアトルで開催された「フリーポア ラテアート ワールドチャンピオン 2008・シアトル」では、日本人の方が優勝されています。
澤田洋史さんという方です。
また、2010年6月にロンドンで開かれた「世界ラテ・アート・チャンピオンシップ」では、村山春奈さんという方が優勝されています。
3Dラテアート、飲むだけでなく、見て楽しむことができます。
お友達や彼女と行っても楽しめます。

忙しい私達、仕事の合間に、ちょっと一息。
癒やしの世界です。

こんなお店が身近にあるといいですね。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ