梅干を作った後の梅酢の利用法。

Sponsored Links

梅干を作った後の梅酢の利用法。
梅干しを作るのですが、作った後の梅酢を捨てるのがもったいなくて考えました。
梅干を取り出した後の梅酢はホントに良い香りがします。
目の前にあると、思わず、唾をゴックン。
たまりませんね。

umebosizuke02

私は、柴漬けに使ったり、大根の薄切りを漬けたりしています。
柴漬けって、梅酢があればけっこう簡単に作れるんですよ。
まだ試したことはありませんが、杏を漬けると美味しいかもしれません。
その他にも様々な利用の仕方が考えられます。
注意することは、一度、梅酢をガラス瓶ごと天日にさらす、これだけだと思います。
これは保存食のために必要なことだそうです。
というわけで、私も、梅干と一緒に梅酢も一日だけ天日にさらしてから使っています。
家では、大根を薄切りにしたものを漬けてみました。
梅酢が少し残りましたが、それは水割りにして飲んでしまうつもりです。
夏の暑さで水やジュースをよく飲みます。
でも、ジュースや清涼飲料水を飲みすぎると糖尿病になりそうな気がして、家族にあまり飲ませたくありません。
ジュースや清涼飲料水の飲み過ぎは要注意です。
試しに、コップに氷を入れて、梅酢をほんの少し入れ、その後にお水をたっぷり注ぎました。
梅酢ジュースの出来上がりです。
簡単ですね。
特別、何もやることがありません。
驚いたことにとっても綺麗なんです。
薄い赤色で、まるでアセロラジュースのように見えます。
飲んでみると、さっぱりしてとても美味しいのです。
ほんの少しだけ酸っぱい味がします。
梅酢とお水の比率を調整するだけでお好みの味にできるのでとっても簡単です。
家族にも飲んでもらったところ、とても美味しいと喜ばれました。
でも、けっこう塩分が入っているので飲みすぎには注意しましょうね。
運動後や汗をかいた後などに最適だと思います。
小さなお子様には、ほんの少しだけでも蜂蜜を入れると喜ばれると思います。

umebosizuke06

[上の写真は梅酢のジュース]
[上の写真は大根の梅酢漬け]

umebosizuke05

[大根の梅酢漬け]
いろいろな漬け方があるのですね。

簡単な方法1:
大根を薄く切り、塩もみをします。
水洗いをしてから軽く絞ります。
ビニール袋の中に大根の量を考えて適量の梅酢を入れます。
切っておいた大根を入れて、少し揉みます。
10分程度そのままにしておけば出来上がりです。

簡単な方法2:
大根を薄く切ります。
軽く塩もみをします。
そのまま、パックなどの容器に入れて一晩寝かします。
翌日、容器から取り出し、水洗いし、水気を切ります。
取り出した大根を梅酢に漬けます。
後は、好みの味加減・色付き加減で出来上がりです。
(時間はほんの少し、適当です)
夏の暑さに負けないように梅酢を上手に活用しましょうね。

ぜひ試してみて下さいね。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ