「毛髪の悩み・抜け毛・脱毛・薄毛・ハゲ頭を克服しよう。その2」。

Sponsored Links

「毛髪の悩み・抜け毛・脱毛・薄毛・ハゲ頭を克服しよう。その2」。
ハゲに効く「みかん(柑橘類)酒」の作り方(具体例)
大雑把に言いますと、「みかん(柑橘類)酒」を作り、それを頭皮につけて念入りにマッサージを行い、その後、お風呂・シャワーで洗い流します。

mikan2

「みかん酒」をつけながらのマッサージは念入りに行います。
マッサージが効果的な時間は夜9時頃です。
マッサー方法は、両手で頭全体を包み込むようにしながら、前頭部から後頭部へ向けてマッサージを行い、また側頭部から頭頂部へ向けてもマッサージを行います。
「みかん酒」をつけてマッサージを行い、一時間くらいで洗い流します。
洗髪方法です。
バスタブにつかって血行を良くしてから洗髪を行います。
まず、シャンプーをつけずに軽くお湯で洗います。
それからシャンプー洗いをします。
ジャンプーは、一度手のひらで泡立ててから毛髪につけて洗うようにします。
シャンプーを直接頭皮に付けることは止めて下さい。

 




濃密スカルプシャンプー【CHAPUPシャンプー】

 

毛髪は寝る前に乾かすことが大事です。
ドライヤーの温風と冷風を使って髪の毛を乾かして下さい。
ドライヤーは近づけすぎないようにして下さい。
みかん酒の材料は、「夏みかん」を使ってみましたけど、上記に書いたように柑橘系なら何でもいいと思います。
私は「夏みかん」が好きなので「夏みかん」を使いました。
育毛用の「みかん(柑橘類)酒」作りにはいろいろな方法があると思いますが、私は下記の方法でやってみました。
薄毛進行を防ぐための「みかん(柑橘類)酒」作りに使った材料は下記です。
夏みかん3個~4個。
よく洗ってから、乾拭きをして下さい。
これは、皮の表面に付着している農薬やワックスを洗い流すためです。
ホワイトリカーは約1リットル(アルコール30度くらいのもの)。
これは適当なものを選んで購入しました。

osake1

夏みかんを食べた後の「皮」だけをホワイトリカーに漬けます。
漬ける期間は、冷蔵庫で約2週間です。
なぜ冷蔵庫の中で漬けるのかは知りませんが、テレビ番組で見た通りにやってみました。
夏みかんは食べて下さいね。
食べないともったいないですから (^^;
夏みかんはなるべくワックスを塗っていないと思われるもの、農薬の使用が少ないと思われるものを選んで購入しました。
これはけっこう面倒です。
調べるのには手間がかかります。
最近は、いろいろな問題があるので、ものすごく面倒になってきていますね。
とにかく、ご自分の考えで体に有害と思われるものは排除して下さい。
私は、食べるものや使うものは、できるだけ事前にメーカーや販売会社に電話をして、詳しいことを聞いてから使ったり食べたりするようにしています。
とても面倒なことですが、最近は裏で何をやっているのかわからないような怪しい会社が増えてきているので、できるだけ確認するようにしています。

次に続きます。
前に戻ります。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ