「アマゾンが無人機で空の宅配サービス構想を発表しました。その2」

Sponsored Links

「アマゾンが無人機で空の宅配サービス構想を発表しました。その2」
「アマゾン・ドット・コム」の無人機宅配サービス構想は、まだ、アメリカ国内だけの計画のようです。
物流センターから半径16キロ以内でしたら30分以内で届ける予定だそうです。
この30分以内でお届けというのは、日本のピザ宅配でも同じようなサービスがありますね。

paso1
ピザの宅配のように、少しでも遅れたら無料、だったらもっといいですね (^^;

搭載荷物の重さは2.3キログラムまでだそうです。
2.3キログラムでしたら、ほとんどの荷物が運べるでしょうね。
「アマゾン・ドット・コム」では技術的な問題はほとんど解決しているそうです。
後はアメリカ連邦航空局(FAA)が無人機の商業利用解禁を決めればすぐにスタートする予定のようです。
動画をご覧になれます。
この動画では、タブレットからの注文、受注、商品の用意、梱包、出荷、「オクトコプター」での配送、お客様の受け取りまでをご覧になれます。
ほとんど自動ですから、ホントに凄いです。
(↓ URLの頭に h を入れてご覧下さい)
ttp://www.youtube.com/watch?v=98BIu9dpwHU&feature=player_embedded

 

イギリスでも無人機の平和利用の話がありました。
ピザ宅配大手ドミノピザの英国法人が宅配サービス用の無人機「ドミコプター」を開発しました。
ドミノピザの英国法人と無人機の開発を手がけるエアロサイト社およびデジタルメディア企業T・アンド・ビスケッツ社が手を組んで独自に開発したそうです。

「ドミコプター(DOMICOPTER)」です。
「ドミコプター(DOMICOPTER)」がピザの配達を行う動画も公開されています。
http://www.cnn.co.jp/business/35032989.html
ラジコンでタコスを配達してくれる「タココプター」というのもアメリカで話題になっています。
http://blog.livedoor.jp/worldlinezone/archives/4776294.html
いずれも法律や採算という厚い壁があるため、すぐ実用化されることはないようです。
また、実用化には、安全が第一です。
いろいろな宅配無人機が人々の頭の上を飛び交うようになり、事故が起きたら大変なことになります。
電線だらけ、狭い路地の多い日本などでは、特に多くの問題が発生すると思います。

universe01

また、無人機ロボットが人々の職を奪うという問題も発生してきます。
いろいろ難しいことが山積みです。

しかし、無人機ロボットの平和利用はすぐ目の前にあることだけは間違いないようです。
科学の発展は世の中を良くするためにあると信じたいですね。

前のページに戻ります。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ