映画「クワイエットルームにようこそ」 レビュー

Sponsored Links

映画「クワイエットルームにようこそ」 レビュー
精神科の閉鎖病棟を舞台にした異色コメディーです。
フリーライターの佐倉明日香は、ある日、原稿の締め切りに追われ、気が付いてみたら病院のベッドの上にいました。

hospital1

この作品は、映画監督、俳優、作家、演出家などで幅広い才能を見せている「松尾スズキ」さんの小説で、2005年の芥川賞候補になっています。
内田有紀さん、宮藤官九郎さん、蒼井優さん、りょうさん、妻夫木聡さん、大竹しのぶさんなど、人気と実力を兼ね備えた豪華な俳優さんが出演していますので、とても楽しく見ることのできる映画だと思います。

フリーライターの佐倉明日香(内田有紀)は、このところ悪いこと続きでした。
結婚生活がうまくいかずにバツイチとなり、無一文になったあげく、他の男のところに転がり込み、そのまま、その男・焼畑鉄雄(宮藤官九郎)と同棲生活を始めましたが、その鉄雄とも上手く行かずに、最近はギクシャクしています。
そこへ、元・夫の自殺や実父の死亡など悪いことが重なってきます。

おまけに、やっと手に入れた連載の仕事も筆がはかどらずに行き詰まっていました。
ある日、原稿の締め切りに追われ、ギリギリまで仕事をしていたのですが、気が付いてみたらいつの間にか病院のベッドの上にいました。
しかも、体は5点拘束されて自由が効かない状態でした。

看護師の話によると、丸二日間昏睡状態が続き、ベッドから落ちるといけないので拘束していたということでした。

nurse01

明日香は、看護師の話を聞いてさらに驚くことになりました。
なんとこの病院は精神病院だったのです。

明日香は精神病院の女性専用閉鎖病棟の隔離室(クワイエットルーム)で拘束されていたのでした。

看護師の話しと自分のおぼろげな記憶から考えると、いつの間にかビールと睡眠薬を大量に飲みすぎて昏睡状態になっていたところを鉄雄が気付いて、救急車で病院に運び込んだらしいのです。
しかし、どうして精神病院なのだろう。

訳が分からず戸惑う明日香でしたが、落ち着いて少しずつ現状を理解し、周りの患者たちとも打ち解けるよう努力を始めるのでした。

ストーリーが終盤に近づいたところで、明日香のおぼろげな記憶がはっきりと蘇ります。

明日香は、間違って睡眠薬とビールを飲みすぎたのではありませんでした。

自分で死のうと思って睡眠薬を飲んだのでした。
明日香は悲しい現実を直視することになりました。

どうして自分がこの精神病院に入れられたのかを理解したのです。
自分自身の力で立ち直り、この状況から立ち直らなければなりません。

世間で普通に生活している人たちも、様々な重荷を背負い、喜び、悲しみ、ときには絶望を味わいながらも、ギリギリのところで踏みとどまって生きています。
一歩間違えれば、主人公の明日香と同じように精神病院の内側に落ち込んでしまうかもしれないのです。

そんな重さを、出演者たちの卓越した演技力と監督のユーモアで軽くあっさりと仕上げた作品になっています。
登場人物は、皆、個性派揃いです。

病院の患者に、怖いほどに繊細な拒食症のミキ(蒼井優)
下品で強欲な中年女の西野(大竹しのぶ)
冷たい存在感のある看護師の江口(りょう)
明日香の同棲相手の焼畑鉄雄(宮藤官九郎)
コモノ(妻夫木聡)。
そうそうたる面々です。

それぞれが与えられた役割をしっかりこなし、脇役でいるのがもったいないほどです。
多くの人が楽しんで見る事のできる映画だと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ