プロ野球「FA(フリーエージェント)」と「ポスティング・システム(入札制度)」。

Sponsored Links

プロ野球「FA(フリーエージェント)」と「ポスティング・システム(入札制度)」。
西武ライオンズの「おかわり君」(中村剛也内野手)が大型契約で合意しました。
4年総額20億円(推定)だそうです。
西武ライオンズにしては大盤振る舞いだと思います。

baseball03

今年の西武ライオンズからは中心になって活躍していた選手が何人もいなくなっています。
涌井秀章投手は、FA(フリーエージェント)でロッテに移籍と見られています。
片岡治大内野手は、FA(フリーエージェント)で巨人に移籍が決定しました。

外人選手では、ヘルマン選手とサファテ選手の残留交渉が進んでいません。
二人共退団濃厚です。

baseball05

「おかわり君」は来年、FA(フリーエージェント)の権利を獲得するはずです。
「おかわり君」まで手放ししてしまうのかと気になっていたのですが、ここで4年の大型契約を結ぶことができました。
良かったと思います。

フリーエージェント(FA)は選手の当然の権利ですから行使して当たり前です。
野球選手は、ドラフト制度があるために自分の好きな・希望球団に入ることができません。
FA(フリーエージェント)の資格取得で、やっと自分の好きな・希望球団に入ることができるのです。
それはそれでいいのですが、見ているファンとしては応援している球団から好きな選手がいなくなるのはかなり寂しいのです。

FA(フリーエージェント)の資格を取得した選手が、いつまでもこの球団で野球を続けたいと思える環境と報酬を用意するのはとても良いことだと思います。

特に寂しいのは、好きで応援している選手がメジャーリーグに行ってしまうことです。
選手の気持ちとしては、世界最高のリーグで思いっきり勝負をしてみたい、あるいは、大きな報酬を手にしたいなど、様々な思いがあると思います。

それを応援したいとか、日本の野球が世界に通ずることを証明してもらいたい、という気持ちもあります。

でも、日本でその選手のプレーを見ていたい。
身近な日本の球団で野球をやっていてもらいたい。

baseball04

その、両方の気持ちが入り混じった、とても複雑な思いがあります。

一番残念なのが、ポスティング・システム(入札制度)です。
入札で選手をメジャーリーグに売り渡すような気がします。

自分のチームで育ち・一流になった選手をメジャーリーグに売り渡して、球団がお金を受け取る。
やらざるを得ない、いろいろな理屈・理由があると思います。
特に球団運営・維持費の問題が大きいと思います。
しかし、やっぱり止めてもらいたい制度です。

ポスティング・システムなどは止めて、育った一流選手に自分のチームで思いっきりプレーしてもらい、ファンに試合を見てもらう、そして、そちらから収入を得て、選手が日本に・自分のチームに留まるような努力をしてもらいたいと思っています。

どうしてもメジャーリーグに行きたい選手は仕方がありません。
本人の希望なのですから。

でも、球団自ら、選手をメジャーリーグに売り渡すのは止めてもらいたいと思います。
まして、それをシステム化するのは少し情けないような気がします。

超一流選手がメジャーリーグに行ってしまい、実力の劣る選手だけが日本に残ってプレーをする。
そんな、システムになってほしくないのです。

日本のプロ野球がメジャーリーグの下請けのようなカタチになってしまったらガッカリです。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ