テレビドラマ WOWOWオリジナル劇場公開版「恋愛小説」 レビュー。

Sponsored Links

テレビドラマ WOWOWオリジナル劇場公開版「恋愛小説」 レビュー。
自分の愛する人たちが皆死んでしまい、人から”死神”と呼ばれ、自分でも人との関わりを絶ってしまった大学4年生の久保聡史と、彼を愛した女性・澤井瑞樹の愛の物語。ピュアで美しいラブストーリーです。

玉木宏さんと小西真奈美さんのラブストーリーということで外れがなさそうだと思って見てみました。

平成16年日本民間放送連盟賞番組部門テレビドラマ優秀賞受賞、第41回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品です。

couple2

TSUTAYA ONLINE でDVDがレンタルされています。
アマゾンにもあります。
Googleで「TSUTAYA 恋愛小説 DVD」又は「恋愛小説 WOWOW」で検索して下さい。

原作:金城一紀。
監督:森淳一。
制作プロダクション:ROBOT(映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」シリーズで知られています)。

主な出演者です。
久保聡史役:玉木宏。
少年時代の久保聡史役:神木隆之介。
澤井瑞樹役:小西真奈美。
遠山千夏役:奥貫薫。
酒井浩司役:塩見三省。
大垣美和役:平山あや。
武井宏行役:池内博之。

法学部の学生武井宏行(池内博之)は付き合っていた彼女・美和(平山あや)と別れたばかりです。
彼女とは、同じ仲良しグループ内の仲間なので、ちょっと気まずい思いをしています。

ある日、宏行が都電に乗っていると同じ大学に通う学生から声をかけられました。
見覚えのない顔でしたが、何とか記憶の糸を辿ってみると、2年のときに一緒だったことを思い出しました。

densya4

その学生は久保聡史(玉木宏)といい、あまりにも目立たない存在なので、宏行は「透明人間」というあだ名を付けていたのでした。

聡史はあれから文学部に変わったのだと言います。
別れ際に、聡史が宏行に頼みごとがあると言い出しました。

自分の財産目録と遺言書を作ってくれというのです。
宏行は良いアルバイトだと思って引き受けることにしました。

しかし、一抹の不安もありました。
どんな事情があるにせよ、この若さで遺言書を書くというのは珍しいことです。

もしかして、聡史は自殺を考えているのではないか、という気がするのです。
遺言書作成の過程で、宏行は聡史の生い立ちを知ることになります。

聡史は小さな頃から「死神」というあだ名を付けられていたというのです。
聡史と仲良くしていた子供たち、両親、両親の死後に自分を引き取ってくれた叔母が、次々と事故死してしまっていたのです。

聡史自身もそんな自分が怖く、また、自分の好きな人たちの死を恐れるあまり、人との積極的な付き合いができずにいたというのです。

聡史は18歳になるまでは親戚や施設をたらい回しのようにされて育ち、父親が残してくれた信託預金が使える年齢になったので、やっと親の財産を引継ぎ、親の残したこの家に移り住むことができたというのです。

親はかなりの資産家だったらしく、聡史の住んでいる家はかなりの豪邸でした。

話しのなかで、宏行は自分が彼女と別れたばかりだと聡史に話し、聡史に今まで付き合った女性はいないのかと聞きます。

人との付き合いを避けてきた聡史でしたが、過去に一人だけ好きな女性がいたということでした。
その女性の名は、澤井瑞樹(小西真奈美)といいます。

聡史は静かに彼女との悲しい恋物語を話し始めました。

couple12

主人公の聡史は、自分との関わりを持った人が連続で事故死をしたという過去を持ち、それ以来、人との関わりを避けてきたというのですから、どうしても重苦しい展開になってしまいます。

そんなところを、澤井瑞樹役の小西真奈美の若さ・明るさの演技が救ってくれています。
また、物語の中でも聡史は瑞樹の残したメッセージにより救われることになります。

この作品は、WOWOWのオリジナルドラマでしたが放送後の評判が良く、話題にもなったので、特別に劇場公開されたというものです。
玉木宏さん、小西真奈美さんのファンの方は必見です。

少しマイナーな作品かもしれませんが、ぜひご覧になって下さい。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ