映画 田中麗奈主演「暗いところで待ち合わせ」 レビュー。

Sponsored Links

映画 田中麗奈主演「暗いところで待ち合わせ」 レビュー。
社会にとけこめずに疎外感を感じているミチルとアキヒロのサスペンス・ラブストーリーです。

交通事故が原因で視力をほとんど失い、大学もやめてしまったミチル。
人と接するのが苦手で、いつも周囲から孤立しているアキヒロ。

couple15

ある日、アキヒロは殺人容疑で警察に追われことになり、ミチルの家に逃げ込みます。
その日からミチルとアキヒロの奇妙な生活が始まりました。

乙一(おついち)の長編小説(幻冬舎からの刊行)です。

TSUTAYA ONLINE とAmazonでDVDがレンタル又は販売されています。
Googleで「TSUTAYA 暗いところで待ち合わせ」「アマゾン 暗いところで待ち合わせ」で検索して下さい。

監督・脚本:天願大介。
音楽:めいな CO(Meyna Company 熊谷陽子と浦山秀彦による音楽創作ユニット)。

主な出演者。
本間ミチル:田中麗奈。
大石アキヒロ:チェン・ボーリン。
二葉カズエ:宮地真緒。
松永トシオ:佐藤浩市。
三島ハルミ:井川遥。
ミチルの父:岸辺一徳。

本間ミチルは子供の頃の事故が原因で視力が徐々に弱まり、現在では強い光しか感じることが出来なくなってしまった盲目の若い女性です。
白い杖を手に、外に出るようなことはほとんどなく、また点字を読むことにもあまり慣れていません。

lady20

ミチルの母親は、ミチルがまだ小さな頃に家を出て行ってしまったので、ミチルは母親のことを全く覚えていませんでした。
今はミチルと父親との静かな二人だけの暮らしです。

父親が会社に行った後、ミチルはほとんど家の中で暮らしています。
いつも一人っきりの生活です。

ミチルの家は、ある駅のすぐ近くにありました。
目さえ見えれば、駅のホームにいる人の顔が見えるような距離です。

友達は小学校時代からの二葉カズエ、一人だけです。
カズエは就職を嫌い、アルバイトをして暮らしています。

たまにカズエがふらーっと訪ねて来て、買い物がてら、気分転換に外に連れ出してくれます。
ある日、突然、父親が亡くなってしまいました。

お葬式の日に母親が訪ねてきますが、家に入りづらいのでしょう、家の前で佇んだまま、ミチルに会うこともなく駅の方に歩き去ってしまいました。
親戚の女性から母が訪ねて来た話を聞いたミチルですが、会いに行こうとはしませんでした。

母親が家の前を立ち去り、駅のホームにいるのを見た親戚の女性が、「ミチルちゃん、お母さんが駅にいるよ」と教えてくれました。
今まで我慢に我慢を重ねてきたのでしょう。

ミチルは窓の前に立ち、突然大きな声で叫びだしました。
「お母さーん」
「お母さーん」

やがて、電車が入ってきます。
ミチルはいつしか泣きながら叫んでいました。

densya5

「お母さーん」
電車が去った後のホームには誰もいなくなっていました。

そんなある日のこと、その駅で人身事故が起こりました。
どうもただの事故ではなく、誰かが電車の入ってくるところを、ホームから線路上に突き落としたらしいのです。

犯人はまだ捕まっていないようです。
テレビでは、現場に、死んだ男が働いていた会社の同僚の大石アキヒロという若者がいたが、駅員が呼び止めると逃げてしまった、というニュースを流していました。

どうもこの男が怪しいらしいと、もう犯人扱いをしています。

「ん? 何かおかしい」
ミチルは家の中の様子に違和感を感じました。

自分一人しかいないはずなのに誰かがいるように感じるのです。
何か、おかしいのです。

実はミチルの知らない間に、一人の男がミチルの家に入り込んでいたのです。
その男は、たった今、テレビニュースで流れていた「大石アキヒロ」でした。

ここから奇妙な二人の生活が始まったのです。

「大石アキヒロ」は本当に同僚を駅に突き落としたのでしょうか?

途中で近所に住む若い女性が訪ねてきます。
とても優しくて親切な美人な人です。

「三島ハルミ」と名乗ったその女性の本当の目的は何なのでしょうか?

プロローグの部分が少し長すぎるので、最初はなかなか気分が乗りづらいところがありますが、後半からはグッと引き込まれるようになりました。

また、事件の捜査や警察の動きなどがほとんどでてこないのが、サスペンスとして物足りないように思います。

社会にとけこめずに疎外感を感じている「ミチルとアキヒロのラブストーリー」のように見えますが、プラス、サスペンスが一緒になった映画です。

少しマイナーな作品かもしれません。
サスペンス好きの方、田中麗奈さんのファンの方は、ぜひご覧下さい。

Sponsored Links

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ